選手村バスルームから自力脱出の米選手、今度はエレベーターに閉じ込められる=中国でも話題「もう絶対、何かの陰謀」

2014年2月11日 20時38分 (2014年2月14日 00時17分 更新)

10日、ソチ五輪選手村のバスルームに閉じ込められ、自力でドアを壊して脱出したことで話題となったボブスレー米国代表のジョニー・クインさんが再びトラブルに巻き込まれた。今度はエレベーターに閉じ込められたという。(Record China)

[拡大写真]

2014年2月10日、ソチ冬季五輪ボブスレー米国代表のジョニー・クインさんが再びトラブルに巻き込まれた。

【その他の写真】

クインさんは、選手村のバスルーム内に閉じ込められ、自力でドアを壊して脱出したことで話題となった。なんとその2日後、今度はエレベーターに閉じ込められたとツイッターでつぶやいた

中国メディア・網易は「ソチで最もついてない『破門兄(ドア壊し兄さん)』が再びトラブルに巻き込まれた」の見出しで報じた。

このニュースは中国版ツイッターでも話題だ。以下はコメントの一部。

「なぜいつも彼なんだ」

「もう絶対、何かの陰謀」
「実はCIAのすご腕だったりして」

「プーチンは面目丸つぶれだな」

「映画化決定。タイトルは『大脱出』」
「彼が突破できないドアはロシアには存在しない」

「メダル獲得前にヒーローになっちゃったね」(翻訳・編集/NY)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。