「韓国のビールは実にまずい」金第1書記の感想に中国ネットは「これは間違っていない」「韓国ビールの方がうまいなんて言ったら…」

2015年12月30日 17時20分 (2016年1月1日 00時01分 更新)

28日、中国紙・参考消息は北朝鮮の金正恩第1書記が韓国のビールは実にまずいと感想を述べたと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は韓国のビール。(Record China)

[拡大写真]

2015年12月28日、中国紙・参考消息は韓国メディアの報道を引用し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が韓国のビールは実にまずいと感想を述べたと伝えた。

記事によると、今年10月に労働党創建70周年記念行事を終えた後、労働党の幹部と祝賀パーティーを開いた際、韓国のビールも出されたという。ビール好きで知られる金正恩第1書記は、「韓国ビールと北朝鮮のポンハク・ビールの味を比べてみろ」と言い、自身も飲み比べた後、「韓国のビールは実にまずい。ビールは確実にこちらのものがうまい」と語ったという。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「北朝鮮ビールは確かにうまい」
「これは間違っていない。韓国ビールは実にまずい」

金正恩氏はものすごい自信だな。これはこれですごいことだ」
「おなかいっぱい食べられないのにビールなんて出るのか?それなのに中国に食糧を要求するのか?」

「韓国ビールの方がうまいなんて言ったら高射砲で処刑されちゃうからな」
「幹部が韓国ビールの方がうまいと言ったなら、この先ビールを飲む機会はなくなるね」

「誰だって自分のところのものが一番だと思っているからな」
「これは北朝鮮のことを笑えない。中国でも指導者が韓国ビールと中国ビールのどちらがうまいかと尋ねたら、俺たちの幹部も同じように答えるだろう」(翻訳・編集/山中)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。