「中国は美しい!」 中国政府が英国や北欧でキャンペーン

2016年2月16日 09時21分 (2016年3月19日 00時03分 更新)

 中国政府・国家観光局(国家旅遊局)によると、同局は春節(旧正月、2016年は2月8日)前後の期間、「美しい中国」をテーマに英国で宣伝キャンペーンを実施した。(写真は、同キャンペーンを紹介する中国国家観光局公式サイトページのキャプチャー)(サーチナ)

 中国政府・国家観光局(国家旅遊局)によると、同局は春節(旧正月、2016年は2月8日)前後の期間、「美しい中国」をテーマに英国で宣伝キャンペーンを実施した。

 ロンドンでは、同市の名物である赤い2階建てバスの車体に「Beautiful China(美しい中国)」の大きな文字と、ジャイアントパンダ、長城、砂漠のラクダ、京劇などの写真を配した広告を掲示した。

 その他、タクシーの車体にも同じ主旨の広告を掲載。さらに、市内の繁華街、ハイド・パーク、トラファルガー広場、ビッグベン周辺など、観光スポットして著名であり、人が集まる場所に「Beautiful China」を配した。

 国家観光局は「Beautiful China」について、「国家ブランドであり、知名度、信用度、影響力が大幅に向上した」、「英国市場においては、(ニュージーランドが実施している)『100%ピュアニュージーランド』に次ぐ、国家としての優秀は旅行ブランドになった」と自賛した。

 国家観光局によると、今後1年間はノルウェーやスウェーデンの北欧国家で宣伝活動を行い、「Beautiful China」の影響力をさらに向上させるという。(編集担当:如月隼人)(写真は、同キャンペーンを紹介する中国国家観光局公式サイトページのキャプチャー)


【関連記事】
テイクアウトの料理からゴキブリ、店に苦情を言ったら「それはエビです」と居直る=中国
「シルクロードの氷河観光」が停止の方向 温暖化で50年後には9割消失の予測、「大量のごみ」も問題=中国
中国の自動車メーカー、排ガス規制違反で処罰  技術者「わざとじゃない。ごまかす技術力はない」
日本の交通機関は帰省ラッシュで「破綻」しない! インフラ整備、効率的運用、社会環境の構築を評価
台湾地震、中国で「死んだ者が皆、独立派でありますように」の声も

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。