韓国、「意味」「外出」など日本語由来の語を教科書から一掃へ=韓国ネット「それより慰安婦問題に真面目に取り組め」「つらい過去も大事な歴史だ」

2016年10月10日 11時30分 (2016年10月13日 00時01分 更新)

7日、韓国メディアによると、韓国の小中高校用の教科書にいまだ多用されている日本語由来の漢字語や外来語を整理し、韓国語に置き換える作業が進められている。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2016年10月7日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国の小中高校用の教科書にいまだ多用されている日本語由来の漢字語や外来語を整理し、韓国語に置き換える作業が進められている。

韓国教育部は7日、来年以降に適用される教育課程の新たな教科書執筆に活用すべく「純化語リスト」を開発中であると明らかにした。教科書に使われている日本語式の漢字語やその他の外来語を、「純化語」つまり純粋な韓国語に置き換えるとの趣旨でまとめるものだ。

教科書の代表的な日本語式表現とされているのは、「~に対し、について」を意味する「~エ・テ(対)ハヨ」。例えば小学4年の道徳教科書にある「インターネットのマナーが重要な理由『について』一緒に考えてみましょう」との記述は、「~重要な理由を一緒に考えてみましょう」と変更される。他に「~に因(よ)り」を意味する「~ロ・イン(因)ハヨ」、「~の場合」の意の「~エ・キョンウ(境遇)」、「~チョク(的)」などの表現も見直される。

さらに、漢字語の「ハリン(割引)」「ウェチュル(外出)」「ソガム(所感)」「ウィミ(意味)」がそれぞれ純化語に置き換えられるほか、外来語の「ノート」は「コンチェク(空冊)」、「バルコニー」は「ナンガン(欄干)」と見直される見込みだ。

これについて韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられているが、置き換えの意義や実効性については疑問視する声が目立つ。

「言葉を換えたところで日帝の残滓(ざんし)がなくなるわけではない。われわれの精神や価値観を正すことこそが歴史教育だ」
「そんな言葉遊びを頑張ってないで、慰安婦問題、親日派清算、独立有功者の支援問題に真面目に取り組め」
「つらい過去も大事な歴史だ。無駄なことはするな」

「意味なし。日本からの影響を受けたものや海外から入ってきた言葉を完全になくすのは不可能だし、例に挙がっている言葉はみんな僕らの生活の中で使われている韓国語だ」
「植民地にされた事実を消せるとでも思ってるのか?」
「これはない。英国の植民地だった国も英語を使ってるだろ」

サムスンGalaxy Noteは『銀河水(天の川)空冊』に変えるのか?いや、『銀河水』も日本式の漢字語だった」
「日本語式の漢字語よりも、最近は何も考えずに乱発される英語の方が問題。『ウォーキング・マム(働く母親)』とか『キャット・マム(野良猫の世話をする女性)』とかに手をつけるべき」(翻訳・編集/吉金)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。