この分野では中国が日本に圧勝!=「中国の科学技術の未来に自信を持てた!」「こんなにもすごいのになぜ自動車エンジンが造れない?」―中国ネット

2016年12月14日 10時30分 (2016年12月17日 00時00分 更新)

13日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国が日本に圧勝している分野について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2016年12月13日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国が日本に圧勝している分野について紹介する記事を掲載した。

中国が日本に圧勝している分野とは、人工知能の分野だ。人工知能では米国と中国がリードしており、国際学会で発表される論文数でも、2010年から15年間を見ると米国が1281件、中国が413件なのに対し、日本は75件だけである。また、米中共同研究による論文が80件であるのに対し、日米共同研究による論文はわずか6件に過ぎない。

記事は、中国の多くの企業が人工知能の開発を進めており、空前のブームになっていると紹介。とりわけ音声認識技術では突出していて、中国語圏では中国の人工知能技術による音声識別技術が普及するだろうとしている。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国の科学技術の未来に自信を持てたよ!」
人工知能分野だけではない。ほかの業界でも軒並み日本は反撃できなくなっている」

「これにおごることなく、引き続き努力しないと」
「珍しく日本を超える分野があったからみんな喜んでいるが、現実を直視し、差を認め、自分を神話化すべきではない」

「でも一流の成果は一つも発表されていない」
「中国はこんなにもすごいのに、なんで自動車エンジンが造れないの?」

「米国の大学が出す論文の半分は中国人のおかげだと思うよ」
「論文の数なんて重要ではない。重要なのは質だ」
「不動産ではとっくの昔に圧勝しているけど」(翻訳・編集/山中)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。