アニメをまねた?5歳少女が傘を持って11階から飛び降りる―中国

2017年3月8日 10時20分 (2017年3月22日 12時48分 更新)

7日、中国メディアの観察者網は、5歳の少女がアニメをまねて傘を持って11階から飛び降り、重傷を負ったと伝えた。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2017年3月7日、中国メディアの観察者網は、5歳の少女がアニメをまねて傘を持って11階から飛び降り、重傷を負ったと伝えた。

新疆ウイグル地区ウルムチ市に住む5歳の少女が4日、母親が仕事のため外出している間に11階の自宅から落下。4階のバルコニーに落ち、重傷を負った。現在、集中治療室で治療を受けている。

母親によると、出勤する際に玄関の鍵を閉め、少女は家の中でアニメを見ていたという。夜9時ごろに帰宅したところ、姿が見当たらなかったため、夫に連絡。夫もすぐに駆け付け捜したが見つからなかった。ふと窓を開けて下を見たところ、4階のバルコニーに倒れているのを発見、すぐに救急車を呼んだという。

病院によると、初期の診断では外傷性ショック、多発外傷、頭部損傷、脳挫傷、骨盤骨折などが見られ、後日手術が必要だという。

母親によると、少女は普段からとてもおてんばで、アニメを見るのが好きだった。特に人気アニメ「熊出没」が大好きで、あちこちに出没してちょろちょろ動き回るようなシーンをまねるのが好きだったという。バルコニーには、少女が倒れていた場所の近くに開いたままの黒い傘が落ちていたため、アニメをまねて傘を持って飛び降りたとみられている。(翻訳・編集/山中)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。