中国の国際特許出願件数、昨年は4万3100件に―中国メディア

2017年3月24日 21時20分 (2017年3月27日 00時00分 更新)
国家知識産権局(知財局)が発表した情報によると、中国の2016年の国際特許出願件数が前年比44.7%増の4万3100件ほどに達し、商標国際登録出願件数が世界4位となった。新華社が伝えた。

中国国内の発明特許保有件数は昨年末時点で110万3000件に達し、米国と日本に続き100万件を突破した世界3番目の国になった。世界知的所有権機関(WIPO)が発表した2016年の国際特許出願データによると、中国の華為(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)が出願件数で上位に入った。

記者の調べによると、2016年はデジタル通信やコンピュータ技術、電気機械などの分野が、国際特許出願分野において全て上位を占めた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。