<サッカー>日本のメッシがすごすぎる!中国ネット「中国のメッシは学校の宿題で忙しい」

2017年4月21日 22時00分 (2017年4月24日 00時00分 更新)

20日、網易は、先日Jリーグ史上最年少得点記録を更新した15歳のJリーガー・久保建英を「日本のメッシ」と紹介する記事を掲載した。写真は久保が所属していたFCバルセロナ。(Record China)

[拡大写真]

2017年4月20日、網易体育は、先日Jリーグ史上最年少得点記録を更新した15歳のJリーガー・久保建英を「日本のメッシ」と紹介する記事を掲載した。

久保は2001年6月4日生まれの15歳。2011年にFCバルセロナの下部組織ラ・マシアに入って頭角を現し、15年に帰国。16年にはFC東京U-18入りし、同年9月のU-16アジアカップで4ゴールの活躍を見せた。同11月にはJ3の長野戦に出場し、15歳5カ月というJリーグ最年少出場記録を更新した。そして、今年4月15日のセレッソ大阪U-23戦で初ゴールを決め、15歳10カ月11日のJリーグ最年少ゴール記録を打ち立てた。

記事は、ラ・マシア時代に地元メディアから「日本のメッシ」として評されたこと、先月にはスペインの有名紙・マルカが選んだU-19の「ヤングスター50人」にアジアで唯一、しかも最年少で選ばれたことも紹介している。

久保のプレー動画を見た中国のネットユーザーからは「足元に技術がある。世界で活躍するだろうな」「リズムで相手を抜いていくタイプで、まさにメッシに似ている」「ネイマールに似ている」「キャプテン翼だ」といった称賛が寄せられた。

また、「わが国ではいつになったらこんな子が出てくることやら」「身長167センチ?中国ならボールボーイにされて終わり」「中国のメッシは学校の宿題で忙しい(※中国の学校では宿題が大量に出されるなど勉強漬けにされる)」「河北のメッシはレンガを運んでいるぞ」など、自国と比較するような感想も多く見られた。(翻訳・編集/川尻)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。