尖閣周辺、6日連続で中国公船=中国メディアは「固有の領土」主張

2017年5月4日 16時40分 (2017年5月7日 00時00分 更新)

4日、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは6日連続。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2017年5月4日、日本メディアによると、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは6日連続。

4隻は4日午前9時現在、尖閣諸島の大正島の南約30キロを航行していて、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けている。

環球網など中国メディアは日本側の報道を伝えた上で、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)及びその付属島しょは中国固有の領土であり、中国公船による釣魚島海域での巡航・法執行は中国固有の主権だ」と主張している。(翻訳・編集/柳川)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。