日本の作品が仏国際アニメ映画祭で最高賞を獲得、中国作品は賞に届かずも存在感見せる―中国メディア

2017年6月20日 00時10分 (2017年6月22日 00時00分 更新)

19日、新華社をはじめとする多くの中国メディアが、フランスで行われたアヌシー国際アニメーション映画祭で「夜明け告げるルーのうた」など日本の2作品が賞を獲得したことを報じた。写真は日本で売られている「妖怪ウォッチ」のお茶碗。(Record China)

[拡大写真]

2017年6月19日、新華社をはじめとする多くの中国メディアが、フランスで行われたアヌシー国際アニメーション映画祭で「夜明け告げるルーのうた」など日本の2作品が賞を獲得したことを報じた。

記事は「アニメ界のオスカー賞と称されるアヌシー国際アニメーション映画祭の授賞式が17日に行われ、日本のアニメーター・湯浅政明監督の『夜明け告げるルーの歌』が今回の最優秀長編作品に選ばれ、最高の栄誉であるクリスタル賞を獲得した。他の有力作品に比べて前評判は高くなく、間違いなくダークホースの勝利だった」と伝えている。

その上で、同監督がかつて、中国でも人気のアニメ「クレヨンしんちゃん」の作画監督をした経験を持ち、その後不思議な世界観を描いた作品で注目を集めるようになったことを紹介。受賞作は初のオリジナルアニメ映画であり、少年が人魚と出会うことで、鬱屈(うっくつ)とした日常生活に変化が生じる様を描いていると説明した。

また、片渕須直監督の「この世界の片隅に」も長編審査員賞に輝いたとし、同監督が宮崎駿監督の愛弟子であり、宮崎氏の爽やか癒し系の風格を継承しつつ、受賞作は『戦争の混乱した時代における一般市民の郷愁を濃縮したタイムカプセル』との評価を受けたことを伝えた。

記事は、長編コンペティション部門には中国の2作品もノミネートされたが、いずれも賞を逃したと紹介。一方で「賞は逃したものの、海外メディアは中国作品の参加に対して続々と賛辞を送っており、『今年のアヌシーのテーマは、中国の到来だ』と評した記者もいた」としている。中国は今回、組織委員会の招待を受けて初めて主賓国として参加したという。(翻訳・編集/川尻)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。