日本人に、台湾人と大陸人を見分けてもらえる方法を考えよう・・・台湾人が議論=台湾メディア

2017年7月1日 10時12分 (2017年7月4日 00時00分 更新)

中国大陸から日本にやってくる観光客が急増する傍らで、台湾からの観光客も近年大きく増えた。大陸の観光客と台湾の観光客、どちらも中国語を話す彼らを、日本人が見分ける決定的な方法はあるのだろうか。台湾メディア・聯合新聞網は29日、そんな議論が台湾のネット上で繰り広げられたことを伝えた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)

 中国大陸から日本にやってくる観光客が急増する傍らで、台湾からの観光客も近年大きく増えた。大陸の観光客と台湾の観光客、どちらも中国語を話す彼らを、日本人が見分ける決定的な方法はあるのだろうか。台湾メディア・聯合新聞網は29日、そんな議論が台湾のネット上で繰り広げられたことを伝えた。
 
 記事は「台湾人と大陸人は互いの違いを明確に感じ取っているが、外国人はそうとも限らない」としたうえで、近ごろ台湾の掲示板サイトPTTで「多くの大陸人が日本でわざと台湾人と名乗っているという。台湾人の日本での評判に影響しかねないが、日本人に台湾人と大陸人を見分ける良い方法はないだろうか」というスレッドが立ったことを紹介した。
  
 この質問に対して多くのユーザーが続々と回答を寄せたようだ。まず、話し方の習慣の違いを挙げたユーザーが多く見られたようで「大陸人は反り舌音を使う」、「私は日本人に、声が大きいのが大陸人、遠慮気味に話すのが台湾人だと教えている」、「店員にありがとうというのが台湾人だ」といった意見が出たという。このほか、挨拶言葉の違いを挙げるユーザーもいた。
 
 また、政治的な話をすればすぐに見分けが付けられるという意見も。「63(ロク・サン)の次はいくつか聞いてみるといい」というのは、1989年の天安門事件を想起させる「64(ロク・ヨン)」を言わせた時の反応で分かるというものだ。このほか「大陸は台湾の一部、香港・チベット・内モンゴルの独立を支持するなどと言った後の反応で分かる」、「台湾ナンバーワンと叫べば分かる」、「台湾は美しい『国』と言ったら怒り出すのが大陸人」などといったコメントが飛び出した。こんな質問をすれば区別がつくかもしれないが、トラブルの種になりかねない。
 
 記事はさらに、一部のネットユーザーからは「日本人はそもそも見分けが付けられない」との声も出たことを紹介。マナーやモラルの点でも実際台湾と大陸では大差がないという、やや自嘲気味の理由も見られた。
 
 中国語ができるようになると、喋り方の特徴からある程度見分けを付けられるようになるのだが、心得がなければ難しい。本気で見分けたい人は、五感をフルに活用して経験を積み、勘を磨く必要がありそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
台湾人が日本に行きたがり、韓国には行きたがらない理由=台湾メディア
日本人の生活に、これほど中国的な要素が含まれているとは思わなかった!=中国メディア
日本人が22年かけて、中国で700年失われていた技術を復活させた! 中国ネット民「古代中国の精神は、日本にあり」
日本は中国から「3つの宝」を手に入れたからこそ、強くなれたのだ=中国メディア
日本人の家でお茶をごちそうになった・・・器を持って帰りたくなった=中国メディア

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。