中国人2人が日本に密航、「このタイミングでメリットある?」と中国ネットが反応

2017年7月27日 12時00分 (2017年7月30日 00時00分 更新)

日本に密航した中国人の男女の消息が分からなくなった事件について、中国ネットでさまざまな声が寄せられている。写真は福岡。(Record China)

[拡大写真]

日本に密航した中国人の男女の消息が分からなくなった事件について、中国ネットでさまざまな声が寄せられている。中国メディア・観察者網が26日付で事件を伝えた。

福岡県警によると、中国人の男女はビザが免除される「船舶観光上陸許可」の制度で博多港に入港後に逃走。現在男女の行方は分かっておらず、逃走を手助けしたとして県警は25日、日本国籍の華人、平木梨華(44)容疑者を逮捕。また、男女が逃走中に一時働いていた茨城県の農園経営者の中国人の女も入管法違反容疑で逮捕している。

中国メディアの報道を受け中国ネットからは「日本人は礼儀正しいように見えるが、実は排他的な思想が強い。日本に住む中国人でさえ慣れないことがあるのに、密航者が日本の環境に馴染めるとは思えない」と日本に密航したところで適応できないと語る声が聞かれた。

さらに、「今の日本に密航して何かメリットがあるのか?」「密航したければ好きにすればいい。ただ、急速に発展する中国を外で見ることになる」「合法でも欧州に行こうと考える中国人は少数派。他の国はなおさらだろう」「今の中国を捨て密航するのか?何か悪さをしたとしか考えられない」と、大きく発展する中国を捨て密航する行為が理解できないとする声が代表的な反応だった。(翻訳・編集/内山)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。