韓国・文大統領、北朝鮮「建国記念日」の緊張高まる中、登山楽しむ=ネットで大反響、コメント2万件

2017年9月10日 19時10分 (2017年9月13日 00時00分 更新)

9日、韓国大統領府が、北朝鮮の「建国記念日」を迎え、その追加挑発を警戒し、国家安保室を中心に非常勤務体制を維持する中、文在寅大統領は、公式日程にない北岳山の登山を楽しんだ。写真は文大統領。(Record China)

[拡大写真]

2017年9月9日、韓国大統領府が、北朝鮮の政権樹立の日(建国記念日)を迎え、その追加挑発を警戒し、国家安保室を中心に非常勤務体制を維持する中、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、公式日程にない北岳山の登山を楽しんだ。YTNなど複数の韓国メディアが伝えた。

休暇を迎えた文大統領は、半ズボンにチェック柄のシャツを着て、ファーストドッグ(大統領の飼い犬)「トリ」と一緒に登山を楽しんだ。2時間近くで頂上まで登り、登山客たちとの写真撮影にも気さくに応じた。

懸念されていた北朝鮮の追加挑発の兆候は表れていないが、大統領府関係者は「北朝鮮がいつでも挑発に出る可能性があるだけに、警戒態勢を緩めずにいる」と明らかにした。

文大統領の行動に、韓国のネットユーザーからは2万にも及ぶコメントが集まっているが、そのほとんどが文大統領を支持するものだ。

コメント欄には「われわれは文大統領の登山の安全を保障する。戦闘能力は十分だ」「文大統領のすることなら支持する」「少し休んでリフレッシュしてください」「こんな時こそ、体力が必要」「健康にはくれぐれも注意を」「健全な国は、健全な肉体から」「犬じゃなくて、私を連れて行ってください」など、好意的な意見が多く並んだ。

一方、ごく一部に「普通こんな日に登山するか?」「世界が不安に駆られている今日、登山なんて…」「まあ、勝手にやってくれ」など、批判的な意見もみられた。(翻訳・編集/三田)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。