韓国の大気汚染が深刻、PM2.5がOECD不動の1位=韓国ネット「中国のせいだ」「悪いことはことごとく1位」

2017年9月19日 08時20分 (2017年9月21日 00時00分 更新)

17日、韓国日報によると、韓国の微小粒子状物質PM 2.5濃度が経済協力開発機構加盟国の中で不動の1位を記録していることが分かった。写真はソウル。(Record China)

[拡大写真]

2017年9月17日、韓国日報によると、韓国の微小粒子状物質PM 2.5濃度が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で不動の1位を記録していることが分かった。

17日、OECDが公開したデータによると、2015年の韓国のPM 2.5の濃度は1立方メートル当たり32.0マイクログラムで、OECD 35カ国の中で最も高い数値を記録した。

韓国は1998年の初調査の後、2015年までに17回(14年を除く)行われた調査で、12回が1位だった。特に2000年から09年までの10年間は連続1位という不名誉な記録を残した。

韓国のPM 2.5の濃度は、15年のOECD加盟国平均(13.7マイクログラム)の2.3倍水準で、2位ポーランド(23.4マイクログラム)より8.6マイクログラムも多い。比較的PM2.5の濃度が低い国はアイスランド(2.9マイクログラム)、ノルウェー(4.4マイクログラム)、ニュージーランド(5.0マイクログラム)などだった。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「中国発の汚染の影響が大きいんじゃないのか?」「中国のせいで被害が大きい」「外交部は、大気汚染の中国側責任を問い、抗議しろ」「中国によるPM2.5攻撃」など、中国への責任を問う声が多く寄せられた。

また、「まったく。OECD加盟国の中で悪いことはことごとく1位だ」「自殺率もOECD1位だしな」「中国をOECDに加盟させて、ワースト1記録を返上しよう」など、OECDに関連した比較に言及する声もみられた。(翻訳・編集/三田)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。