島根沖の公海で中国漁船が香港籍のタンカーと衝突し転覆=中国ネット「海は広いのになぜ」「1万人の救助隊を組織して捜索を」

2017年10月6日 13時20分 (2017年10月9日 00時00分 更新)

6日、中国中央テレビが、島根沖の公海で中国漁船が転覆し、12人が行方不明になっていると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。(Record China)

[拡大写真]

2017年10月6日、中国中央テレビが、島根沖の公海で中国漁船が転覆し、12人が行方不明になっていると伝えた。

駐大阪総領事館によると、5日午前9時半ごろ、島根県隠岐の島の北方約400キロの公海上で、中国漁船が香港籍のタンカーと衝突し転覆した。

中国の関連部門は、直ちに日本の海上保安庁に救助を要請した。漁船には16人の乗組員がいたが、12人の行方が分からなくなっているという。

このニュースに対し、中国のネットユーザーからは「無事を祈ります」「生きて帰ってきてほしい。必ず見つけるんだ」「祖国は少なくとも1万人の救助隊を組織して探しに行くべきだ」など、行方不明者の無事を願うコメントが多数寄せられた。

また、「海はあんなに広いのになぜぶつかってしまうのだろう?」「『中国漁船と香港籍の船が衝突』?ちょっと表現がおかしい感じがする(※香港も中国の一部だから)」などの疑問を呈するユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。