大阪市とサンフランシスコ市、「慰安婦像」が原因で友好関係に影響―仏メディア

2017年10月6日 14時20分 (2017年10月9日 00時00分 更新)

5日、RFI中国語版サイトは記事「大阪市とサンフランシスコ市、慰安婦像が原因で友好都市関係を破棄へ」を掲載した。サンフランシスコ市長から書簡が届いたが、大阪市長は関係解消もやむなしとの姿勢を崩していない。(Record China)

[拡大写真]

2017年10月5日、RFI中国語版サイトは記事「大阪市とサンフランシスコ市、慰安婦像が原因で友好都市関係を破棄へ」を掲載した。

米サンフランシスコ市の地元民間団体は9月22日、旧日本軍の慰安婦像を建てた。慰安婦像が設置された年は市営公園に隣接しており、今後公園の一部に編入される予定だ。これを受け、大阪市の吉村洋文市長は市営公園に組み込むなら「姉妹都市関係は解消する」と強く反発していた。

この発言に対し、サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長は2日付で吉村市長宛に書簡を送った。「友好関係解消は両市の市民感情を傷つける」と関係維持を訴え、「公職にある身として地域の要求に応えるのが職務だ」としている。

吉村市長は4日、書簡を受け取ったことを明かし、「姉妹都市関係は続けたいが、なぜ今慰安婦像を設置する必要があるのか。設置するならば、関係継続は無理だ」と発言した。(翻訳・編集/増田聡太郎

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。