英国の人権活動家が香港で入境拒否、中国外交部がコメント

2017年10月13日 17時40分 (2017年10月16日 00時00分 更新)

英「人権活動家」が香港到着時に入境を拒否された件について、外交部の華春瑩報道官は12日の定例記者会見で「入境を認めるかどうかは中国の主権だ」と表明した。(Record China)

[拡大写真]

英「人権活動家」が香港到着時に入境を拒否された件について、外交部の華春瑩報道官は12日の定例記者会見で「入境の可否を決めるのは中国の主権だ」と表明した。

華報道官は「香港は中国の特別行政区であり、中央政府は香港関係の外交を担当している。中国中央政府と特区政府は法に基づき問題を処置した。入境の可否を決めるのは中国の主権だ」と表明した。(提供/人民網日本語版・編集NA)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。