「平昌五輪は大失敗になりそう」、露に続き元全米フィギュア女王も欠場か=韓国ネットから懸念の声

2017年10月17日 15時20分 (2017年10月20日 00時00分 更新)

17日、フィギュアスケート女子の元全米女王グレーシー・ゴールドが今季のグランプリシリーズを欠場すると明らかにしたことを受け、朝鮮日報など韓国メディアは、来年の平昌五輪出場も困難かと見通す記事を報じた。写真は現役時代のキム・ヨナ選手。(Record China)

[拡大写真]

2017年10月17日、フィギュアスケート女子の元全米女王グレーシー・ゴールドが今季のグランプリ(GP)シリーズを欠場すると明らかにしたことを受け、朝鮮日報など韓国メディアは、来年の平昌(ピョンチャン)五輪出場も困難かと見通す記事を報じた。

AP通信などによると、ゴールドはうつ病や不安症、摂食障害の治療のため、11月に出場を予定していたGPシリーズ中国杯、フランス杯の2大会をいずれも欠場すると明らかにした。これに先立ち、今季初出場を予定していた今月初めのジャパンオープンも「休養が必要だ」として棄権している。

2014、15年と2年連続で全米選手権女王となったゴールドは、14年のソチ五輪団体で銅メダルを獲得、女子シングルでは4位に入り、次の平昌でも活躍が大いに期待される選手。その実力や美貌から日本でも人気の彼女だが、韓国フィギュアの女王、キム・ヨナを「手本」と公言していたことなどから、韓国では「米国のキム・ヨナ」とも呼ばれ高い人気を誇る。今年3月に韓国銀行が公開した平昌五輪記念コインのモデルに採用されたとして、物議を醸したこともあった。

報道によれば、平昌五輪代表選考がかかる来年1月の全米選手権には出場可能性を残しているというが、もしゴールドが平昌欠場となれば、平昌五輪は女子フィギュアの目玉選手をまた1人欠くことになる。同競技では、14年のソチ冬季五輪金メダリストのアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が、けがの治療などのため平昌五輪出場断念の意向を8月に明らかにしている。

今回の報道に、韓国のネットユーザーからは「残念」「ゴールドには来てほしかったのに。真の銀盤の女王なのに」「平昌は大失敗になりそう。チケットも売れてないし」「平昌はポシャるね」など、落胆や懸念の声が寄せられている。

また一方で、「戦争の危険があるからじゃないの?」「核ミサイルが飛んでくる所になんか行けないということでは?」「平昌に来たくなくて芝居してるのかも」など、背景に朝鮮半島情勢の悪化があると推測する声も。

さらに、ゴールドとキム・ヨナを比べ、「改めてわれらがヨナのすごさが分かる」「やっぱりヨナはメンタルも強かったんだね」「誰もがキム・ヨナになれるわけじゃない」などキム・ヨナを称賛する声も上がった。(翻訳・編集/吉金)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。