日本のF35の戦闘力はアジアで突出?実はそうでもなかった―中国メディア

2017年10月19日 05時50分 (2017年10月21日 00時00分 更新)

17日、軍事情報を伝える映像メディア・墜母的世界は、日本で組み立てられたF35ステルス戦闘機について、ロシアの専門家の話として中国のJ20(殲20)戦闘機には到底及ばないと評した。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2017年10月17日、軍事情報を伝える映像メディア・墜母的世界は、日本で組み立てられたF35ステルス戦闘機について、ロシアの専門家の話として中国のJ20(殲20)戦闘機には到底及ばないと評した。

同メディアは「米国がF22戦闘機を2009年に生産中止後、F35の性能に満足しなかった日本は、F2を日米共同生産した経験から自前の第5世代ステルス戦闘機の開発を計画した。しかし今のところ実証機の『心神』しか生産されておらず、配備の目途は立っておらず、F35を導入せざるを得ない状況だ」とした。

そして「F35の能力自体は大きく劣るものではない。しかし中国には瞬時旋回速度でF16を上回り、レーダー強化によりF22の敵ではなくなったJ10があるのに加え、F35を完全制圧できるJ20がすでに生産されている。そのため、日本がF35を組み立てても何の脅威もない。しかも、日本には戦闘機の生産能力がなく、組み立てることしかできない。日本で組み立てたF35の相手は、J10Cで十分である」と指摘している。(翻訳・編集/川尻)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。