「中国人ですか?」「いえ、日本人です」「えっ」=ギリシャのワイナリーでの出来事―中国メディア

2017年10月21日 09時30分 (2017年10月24日 00時00分 更新)

19日、環球網は、中国人観光客の増加に伴い、欧州での中国人への対応が大きく変わりつつあるとする記事を掲載した。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2017年10月19日、環球網は、中国人観光客の増加に伴い、欧州での中国人への対応が大きく変わりつつあるとするコラム記事を掲載した。

記事は「数年前に欧州を旅行した時と比べ、今年の国慶節は多くの細かい変化があった」とし、ギリシャ・サントリーニ島のワイナリーでの出来事を次のように紹介した。

「そのワイナリーでは、世界各国の訪問者がワインを品定めしていた。ふと、われわれのそばから黄色人種の男性が歩み出て、スタッフに話しかけた。何か質問したかったようだ。スタッフが『Chinese?(中国人ですか?)』と英語で聞くと、男性は『No,Japanese(いえ、日本人です)』と返答。すると、スタッフは『えっ、日本人ですか。どうしましょう』と困惑。日本語が分かるスタッフがいなかったようで、結局、電話で通訳を呼び出す羽目になった」

記事は「私たちはこれまで、外国では『日本人ですか?』と聞かれてきたが、今、欧州ではほとんど『中国人ですか?』と聞かれるようになった」と解説。地中海のクルーズ船では、イタリア人男性に「中国人ですか?」と声を掛けられ、「南京や海南島に行ったことがある」「中国のイメージは良い」などと興奮気味に話をされたそうだ。

サントリーニ島ではギリシャ語、英語に次いで中国語を多く見かけたといい、中国語が書かれたレストランが多かったほか、中国語で客の呼び込みを行う光景も見られたとしている。ギリシャ以外でも、フランス屈指の観光地ニースの旧市街地にある複数のレストランで、冊子になった中国語版メニューが出てきたほか、ドイツ・フランクフルト空港では国慶節連休と同じタイミングで行われたビール祭りへの参加を呼び掛ける大きな中国語広告が掲げられたとのこと。

このほか、かつては中国人観光客が少なかった欧州のクルーズ船も、5年前から中国語のスケジュールやメニューの提供を開始。現在では中国語の船内アナウンスも行うようになったと伝えた。記事は、欧州における中国人観光客に対する扱いの変化について、「世界中が中国を待っているように感じた」とつづっている。(翻訳・編集/川尻)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。