韓国国民が選ぶ歴史的事件2位に「朴前大統領の弾劾」、気になる1位は?=ネットからは不満の声も

2017年11月14日 17時50分 (2017年11月17日 00時00分 更新)

14日、韓国メディアによると、韓国人が「国民の社会意識の形成に影響を与えた」と考える歴史的事件ランキングが紹介された。写真はろうそく集会。(Record China)

[拡大写真]

2017年11月14日、韓国・ハンギョレによると、韓国人が「国民の社会意識の形成に影響を与えた」と考える歴史的事件ランキングの1位に「8・15光復節(日本統治からの解放)」が選ばれた。昨年から今年にかけて世界的に大きな話題を集めた「朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾」は2位で、朝鮮戦争や5・16軍事クーデターよりも上位だった。3位には「5・18光州民主化運動」がランクインした。

1987年6月民主抗争から30年を迎えたことを記念し、韓国の民主化運動記念事業会が発表した市民の意識調査に関する報告書によると、民主化運動を肯定的に考える人の割合は世代や性別、政治的志向に関係なく高いことが分かった。「民主化運動が韓国社会に与えた影響」を問う質問に対し、65%が「やや肯定的」、23%が「非常に肯定的」と答えたという。

また、回答者の多くが「韓国の民主主義の水準は今後良くなる」と予想していることも分かった。「今後10年の韓国の民主主義の水準」を問う質問に対しては52.9%が「やや良くなる」、8.5%が「非常に良くなる」と答えた。

昨年10月29日から今年3月11日まで20回にわたり開かれた「朴槿恵退陣ろうそく集会」については、調査対象者の25.8%が「参加した経験がある」と答え、平均参加回数は2.57回だった。ろうそく集会には延べ人数1700万人が参加したと言われている。

今回の調査は7月6日から8月7日まで、全国の成人男女1012人を対象に行われたという。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは「光復は空から舞い降りてきたもので、ろうそく革命は自ら運命を変えたもの。血の流れないろうそく革命は正義であり、法治主義の旗印。世界の歴史に長く残るだろう」「朴槿恵の弾劾は韓国国民の勝利。民主主義の勝利だ」「朴槿恵のせいで韓国は滅びる寸前の状態だった。当然の結果だね」など、ろうそく集会を改めて称賛する声が相次いでいる。

また「8・15光復も大統領弾劾集会も未来に絶対起こってはならない悲劇だ」「先祖の努力を記憶し続け、美しい韓国を守り続けよう」と決意を新たにする声も。

一方で「歴史は時間と共に忘れられていくもの。数百万人の命を奪った朝鮮戦争が3位だなんて、あきれて言葉も出ない」「朝鮮戦争は?せめて2位には入れてほしい」とランキングに不満を示す声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。