世界スパコンランキング、中国が再び首位に―中国メディア

2017年11月14日 22時20分 (2017年11月17日 00時00分 更新)

世界スパコンランキング「TOP500」の最新版が13日に発表された。中国製スパコン「神威・太湖之光」と「天河2号」が4回連続で1位と2位を占めた。写真は神威・太湖之光。(Record China)

[拡大写真]

世界スパコンランキング「TOP500」の最新版が13日に発表された。中国製スパコン「神威・太湖之光」と「天河2号」が4回連続で1位と2位を占めた。また、中国のスパコンランクイン数が再び米国を抜き、世界一になった。新華社が伝えた。

TOP500は半年毎に発表。今回は「神威・太湖之光」と「天河2号」が再び1位と2位を占めた。前者の連続演算性能は毎秒9.3京回、後者は3.39京回。米国は2回連続でトップ3入りを逃した。米国の「Titan」は半年前、スイスの「Piz Daint」に抜かれ4位に落ちたが、今回はさらに日本の「暁光」に抜かれ5位に順位を落とした。

業界関係者によると、米エネルギー省は新型スパコン「Summit」「Sierra」の開発を支援している。前者の計算性能は「神威・太湖之光」の約2倍で、来年にも稼働開始する見通しだ。そのため早ければ半年後、米国は再び世界最速のスパコンを所有することになる。

ランクイン数を見ると、中国は昨年6月に167台対165台という僅差で、長期間にわたり首位をキープしていた米国を初めて追い越した。昨年11月は両国ともに171台で首位。米国は今年6月、169台で159台の中国を追い越し、再び首位に返り咲いた。

しかし今回の中国のランクイン数は過去最多の202台で、米国は144台に減少。双方の順位に再び変動が生じた。

メーカーを見ると、中国の浪潮集団の活躍が際立ち、今回のランクイン数は半年前の20台から56台に増加し、コンピュータ企業のなかで3位となった。同社高性能サーバー生産部総経理の劉軍氏は、「中国は近年、スパコンに巨額の投資を行っている。企業の高性能計算サービスの提供も進んでいる。中国のスパコン開発部門とメーカーも、製品の技術革新を重視している。そのため全体的な競争力とパフォーマンスが大幅に向上した」と話した。

劉氏はこの成績について、「スパコン市場の主流製品である、CPUやGPU(グラフィックスプロセッシングユニット)といったコア技術が、米国企業に主導・把握されていることを認識しなければならない。中国のスパコン応用能力と人材には一定の改善が見られるが、欧米と比べるとまだ大きな差があり、発展に向け努力を続ける必要がある」と警鐘を鳴らした。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。