海自の最新鋭潜水艦「しょうりゅう」進水に、中国メディア警戒感

2017年11月17日 05時40分

15日、新華網は海上自衛隊の新しい潜水艦「しょうりゅう」の命名・進水式が行われたことについて、日本が引き続き海上自衛隊の力を強化しているとする記事を掲載した。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2017年11月15日、新華網は海上自衛隊の新しい潜水艦「しょうりゅう」の命名・進水式が行われたことについて、「日本が引き続き海上自衛隊の力を強化している」とする記事を掲載した。

11月6日、川崎重工神戸工場で2015年1月から建造された世界最大級の攻撃型潜水艦「そうりゅう」型潜水艦の10番艦の進水式が行われ、「しょうりゅう」と命名された。防衛省発表のデータによると、「しょうりゅう」の長さは84メートル、幅9.1メートル、高さ10.3メートルで基準排水量は2950トン。「しょうりゅう」の進水で、日本の潜水艦は全部で19隻となった。

記事は、「しょうりゅう」について「船体に高張力鋼(ハイテン)という特殊鋼が用いられている。2基のディーゼルエンジンと4基のスターリングエンジンを持ち、潜航性能が大幅に高められている。また、高性能なソナー装置も搭載されており、より高い捜索・ステルス性能を持つ」という軍事アナリストの分析を紹介。また、具体的な就役時期や配備場所について発表されていないものの、日本メディアからは19年3月に呉もしくは横須賀の海上自衛隊基地に配備される可能性があるとの見方が出ていると紹介した。

そして「近年、海上自衛隊は装備を強化する動きをし続けており、その実力は明らかに向上している。防衛省が10年に防衛計画の大綱を改定した際に示した『潜水艦を16隻体制から22隻体制にする』との要求に基づき、09年から現在まで14年を除く毎年『そうりゅう』型潜水艦が1隻ずつ就役している。今年3月には『せきりゅう』が就役し、来年3月には『そうりゅう』が就役予定だ。前世代の『おやしお』型潜水艇からの世代交代を実現し、22隻体制が整うことで、海上自衛隊の実戦能力は大幅に高まるだろう」と論じている。(翻訳・編集/川尻)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。