「るろうに剣心」の作者が書類送検、中国ネットでも衝撃=「あんなに素晴らしい作品の作者が…」

2017年11月22日 11時30分 (2017年11月25日 00時00分 更新)

22日、人気漫画「るろうに剣心」の作者、和月伸宏氏が児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で書類送検されたとの報道に、中国のネットユーザーが衝撃を受けている。写真は東京。(Record China)

[拡大写真]

2017年11月22日、人気漫画「るろうに剣心」の作者、和月伸宏氏が児童買春・ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検されたとの報道に、中国のネットユーザーが衝撃を受けている。

報道によると、和月氏は都内の事務所で児童ポルノDVDを所持していたとされており、容疑を認めているという。これを受け、集英社は9月4日から月刊誌で連載が始まった同作品「北海道編」を当面の間休載することを決めた。

この報道に中国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せており、「言葉が出ないほど失望した」「どうしてこんなことに」「あんなに素晴らしい作品の作者が」などの声に混じって、「自分が子どもの頃、『るろ剣』は本当にすごい知名度だった」「持っているだけでも問題に?撮影した人間は捕まったのだろうか」「作者の行為は恥ずべきものだが、個人的には作品と切り離して考えるべきだと思う」「自分が初めて読んだ日本の漫画がこの作品だった。つらい!」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/野谷)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。