韓国ネット驚き!ソウルの慰安婦像の「影」に隠された意味とは?

2017年12月13日 06時40分 (2017年12月15日 00時00分 更新)

12日、韓国・ソウルの日本大使館前に設置されている慰安婦を象徴する「平和の少女像」の「影」に隠された事実が注目を集めている。写真はソウル日本大使館前の慰安婦少女像。(Record China)

[拡大写真]

2017年12月12日、韓国・ソウルの日本大使館前に設置されている慰安婦を象徴する「平和の少女像」の「影」に隠された事実が注目を集めている。韓国・インサイトが伝えた。

韓国のインターネット上にはこのほど、「慰安婦少女像の知らなかった事実」と題するスレッドが立った。スレッドにはソウルにある日本大使館前の慰安婦少女像の写真が掲載されているが、その足元をよく見ると後方に伸びる影が描かれている。その影は白い蝶々を大事そうに胸に抱く腰の曲がった老女の姿に見える。

スレッド主によると、これは「長い歳月が流れた今も正式な謝罪を受けられていない日本軍慰安婦被害者のおばあさんらの恨みとつらさ」を表現したもので、「次の人生では必ずその恨みを晴らしてほしい」という作者の願いが込められているのだという。

このスレッドに対し、他のネットユーザーからは「影が描かれているとは知らなかった」「胸にじーんときた」「この事実をもっとたくさんの人に知らせるべき」「慰安婦像はとてもよくできている。全身に鳥肌が立った」「そんな深い意味があったんだね」「素晴らしい作家だ」など驚きや感動を示すコメントが寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。