中国を訪れた日本人が驚いているぞ!「日本人はこんなことに震撼したらしい」=中国

2017年12月13日 12時12分

海外のローカルでディープな日常もテレビなどを通じて情報を得ることができるようになった。だが、メディアを通じて得る情報はどうしても断片的なものになりがちで、実際にその国や土地を訪れた時には新しい発見があるものだ。日本にとって中国は隣国であるものの、一度も中国を訪れたことがないという日本人は少なくないだろう。それだけに、初めて中国を訪れた日本人の中国旅行に対する感想は、当の中国人にとっても興味深いものであるようだ。(イメージ写真提供:123RF)
(サーチナ)

 海外のローカルでディープな日常もテレビなどを通じて情報を得ることができるようになった。だが、メディアを通じて得る情報はどうしても断片的なものになりがちで、実際にその国や土地を訪れた時には新しい発見があるものだ。日本にとって中国は隣国であるものの、一度も中国を訪れたことがないという日本人は少なくないだろう。それだけに、初めて中国を訪れた日本人の中国旅行に対する感想は、当の中国人にとっても興味深いものであるようだ。

 中国メディアの今日頭条は8日、中国を初めて訪れた日本人が中国に抱いた感想を紹介する記事を掲載した。日本を訪れる中国人の多くが「日本の街の清潔さや秩序正しさ」に驚くというが、こうした話題は中国人にとっては決して心地よい話題ではない。しかし、初めて中国を訪れたというこの日本人が「中国は強大で震撼させられた」と述べた感想は、海外の先進国と肩を並べるようになったと自負する中国人にとって納得のいくものだったようだ。

 この日本人が訪れたのは上海であったようだが、「空港も駅も清潔だったし、リニアモーターカーの速さには震撼させられた」と述べたとしている。また駅のホームでは「すべての人が整然と並んでいたわけではないが、それでも並んで待っている人もいた」とした。

 中国人は「列に並んで待てない」というイメージがあったようで、上海などの都市部では意外と「列への割り込みなどもなく、日本とあまり変わらない」という感想につながったようだ。

 一方でやはり大陸気質も実感されたようで「公共の乗り物の車内でスマホの音量を下げずに使用することや大声で話すこと」、「店の店員が煙草を吸いながら会計をしたり、路上に痰を吐き捨てたりする人がいたこと」、「街が非常に騒々しいこと」などにも日本との違いを実感したことが紹介されている。

 初めて中国を訪れた日本人は日本との違いに大きな衝撃を受けるが、中国人にとってはこれが「まさに中国」なのだ。異文化の体験も海外旅行の醍醐味の1つだが、中国で急激な経済発展を背景とした高揚感と活気あふれる街を体験するのも良いかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
これがトヨタ車だ! 「いくら乗っても壊れない」という噂は本当だ=中国
中国人からすれば不思議な感覚「手荷物検査がない日本の鉄道」=中国報道
日本の小学生の振る舞いに驚愕、子どもは「大人の世界を映し出す鏡」だと実感=中国報道
誰もが「信じられない」と口にする偉業、中国で砂漠の緑化に尽力した日本人がいた=中国報道
日本が撲滅を狙う中国人ドライバーの白タク、旅行客はなぜ白タクを使うのか=中国報道

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。