「韓国が危ない国と誤解されていて残念」、知韓派の外国人が口をそろえる=韓国ネットの反応は?

2017年12月15日 08時30分 (2017年12月17日 00時00分 更新)

13日、韓国メディア・エクスポーツニュースが、韓国に暮らし同国を愛する外国人青年2人へのインタビュー記事を報じ、注目を集めている。写真はソウル。(Record China)

[拡大写真]

2017年12月13日、韓国メディア・エクスポーツニュースが、韓国に暮らし同国を愛する外国人青年2人へのインタビュー記事を報じ、注目を集めている。

インタビューに答えたのは、イタリア出身で韓国でタレント活動をするアルベルトと、在韓フィンランド大使館に勤務し韓国生活3年目となったペトリ。2人とも、韓国に暮らす外国人が母国の友人を招き韓国を旅するバラエティー番組「ようこそ、韓国は初めてだよね?」でホスト役を務め、「知韓派」「親韓派」の外国人として韓国のお茶の間でも顔を知られている。

そんな2人が、愛する韓国の「残念な点」について、インタビューでくしくも同じような内容を語った。それは、海外から見た時「韓国は危険な国」と誤認されているということだ。

アルベルトは北朝鮮関連のニュースが何か出るたびに、イタリアの知人などから「韓国は危険なのでは?」といった連絡を受け取るという。しかし、「少しでも危険であれば『大丈夫だ』と答えるところだけれど、一つも危険なことなどないので、ただあきれてしまう」のだそう。また、在韓イタリア商工会議所で働くアルベルトにとって、「韓国は危険だ」と誤解されるようなニュースは打撃が大きいともこぼした。

大使館で働くペトリも「同じ悩みがある」と同調し、「まったく危険でもないのに、知らない人にはそういうイメージが残っているようだ」と話した。

2人の発言には韓国の人たちも共感を覚えたようで、コメント欄には「僕らは深刻な危険なんてまったく感じていないのに、外からだとそう見えるみたいだね」「米国に旅行した時、韓国人だと言うと北朝鮮のことばかり聞かれて本当にびっくりしたよ」「韓国は思ったより安全な国なんだけどなあ」「北朝鮮が隣にあるにはあるけど、治安は世界で一番いい国だよ」などの声が並ぶ。

しかし反論も少なくない。「当たってるようでもあり、間違っているようでもあり…。世界で唯一の分断国家でいつ戦争が起こってもおかしくない国が安全だとは言えないよ」「最前線で兵役に就いた人なら分かるはず。決して危険でないことはない。皆が危険性を認識しないまま過ごしているだけ」「僕ももし外国人だったら怖いと思うだろうな」「危険な国であることには違いない。ただそれが普通になって何も感じなくなっているんだ」といった声だ。

このほか、「彼らの高い評価に見合うような、もっといい国になるといいな」「2人とも韓国を愛してくれて、世界に紹介してくれてありがとう」など、2人の高評価に感謝するコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。