韓国野党代表が安倍首相に自国政権の欠点を告げ口?韓国ネット青ざめる=「遺憾」「安倍さんも相手するのは大変だっただろう」

2017年12月15日 17時00分

14日、来日している韓国の最大野党・自由韓国党の洪準杓代表が安倍晋三首相と面会したが、この時の洪氏の発言が韓国で波紋を呼んでいる。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2017年12月14日、来日している韓国の最大野党・自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が安倍晋三首相と面会したが、この時の洪氏の発言が韓国で波紋を呼んでいる。韓国・世界日報などが報じた。

洪氏は14日午後、総理官邸で安倍首相と非公開でおよそ30分間面談した。日本の首相が韓国の野党代表と面会したのは、2006年の朴槿恵(パク・クネ)ハンナラ党代表と小泉純一郎首相(いずれも当時)の面会以来初めてだ。

面会後、洪氏が明らかにしたところによると、洪氏は自身が訪日した理由について「韓国政府が北朝鮮問題にきちんと対処できずにいるため」と安倍氏に説明したという。「韓国政府が北の核問題の対処をきちんとしていたら、第1野党の代表団が米国に行くこともないし、日本にも来なかっただろう」と話し、安倍首相の面前で自国の文在寅(ムン・ジェイン)政権を批判したというのだ。また面会の成果について、「安倍政権は北朝鮮の問題に関し、自由韓国党と同一の認識を持っているという点を確認した」とも語った。

このほか、洪氏は面談で在日コリアンに対する「ヘイトスピーチ」の問題を取り上げ、処罰条項の新設など日本政府の積極的な対応を安倍首相に求めたという。一方の安倍首相は、慰安婦問題や強制徴用労働者を象徴する像の設置問題について韓国側によく話を伝えてほしいと求めたが、洪氏は「北朝鮮の核問題が薄れかねないためその問題については答えない」と述べ回答を避けたと、自由韓国党の報道官が明かした。

こうした洪氏の発言や安倍氏とのやりとりが報じられると、韓国のネット上では「どういうつもりなんだ?国を売る行為じゃないか」「まったく情けない」「国の恥だよ」「遺憾」「日本人なのやら韓国人なのやら…」など、これを問題視する声が続々と上がっている。

ネット掲示板に「ニュースを見てあまりにあきれたものだから急いで投稿します」とつづったユーザーは、「第1野党の党首が他国の首脳に会って自国政府をディスり、あちらが先に慰安婦問題を取り上げたのに回答しない。これが韓国の政党代表と言えるのか。洪準杓はどうかしている」と訴えている。

中には洪氏批判を通り越し、「安倍さんも相手をするのが大変だっただろうね。我慢してくれてありがとう。そのうち韓国の格好いい代表と会えば、その差を実感できるはず」と、安倍首相へのメッセージをつづる人もいた。(編集/吉金)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。