日本の今年の漢字「北」は、日本企業の「敗北」も意味する―中国メディア

2017年12月16日 19時20分 (2017年12月19日 00時00分 更新)

15日、看看新聞網は、日本の「今年の漢字」に「北」が選ばれたことについて、「敗北の『北』でもある」とする記事を掲載した。(Record China)

[拡大写真]

2017年12月15日、看看新聞網は、日本の「今年の漢字」に「北」が選ばれたことについて、「敗北の『北』でもある」とする記事を掲載した。

記事は「日本では毎年12月12日、京都の有名な清水寺で1年の世相を反映した漢字1文字が発表される。今年は『北』という文字が選ばれ、日本メディアは北朝鮮の核ミサイルによる脅威が深刻化したことなどが選定理由だと分析している」と伝えた。

そのうえで「今年北朝鮮は15回にわたり大陸間弾道ミサイルを日本海方向に発射し、そのうち2回は日本列島を飛び越えた。さらに核実験も1度実施している。北朝鮮はこれまで再三日本にある米軍基地を破壊すると脅してきたが、トランプ米大統領による度重なる過激な対応も日本人の憂慮を増大させた。安倍晋三政権も今年は様々な外交舞台において繰り返し北朝鮮の脅威を扇動し、日本国民の感情を刺激した」と解説している。

その一方で「『北』は、実は日本企業の敗北を意味する『北』でもあるのだ。三井不動産の子会社による不正会計、ソフトバンクの所得申告漏れ、神戸製鋼・三菱マテリアル・東レの長期間にわたる製品データ改ざんなど、大手日本企業のスキャンダルが年間を通じて続いた。同時に、日本企業はイノベーション分野の競走においても徐々に遅れをとりつつある。日本企業の全体的な衰退が、日本の市民の潜在的な意識の中にあるのだ」と論じた。

そして「1つの文字が今年の日本社会全体の世相を完全に現すことは不可能かもしれない。しかし、『北』という文字が選ばれたことで、日本社会に存在する巨大な焦燥感と不安感が浮き彫りになった」と伝えている。(翻訳・編集/川尻)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。