驚きを禁じ得ない!日本のバス運転手は「自分の車じゃなくてもピカピカに磨く」=中国

2018年1月14日 14時12分 (2018年1月17日 00時00分 更新)

日本では観光客が利用する観光バスも非常に清潔で、タイヤやホイールまでピカピカである。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)

 訪日する中国人が増えるにつれ、中国でも「日本は清潔な国」ということが広く知られるようになった。しかし、「日本がいかに清潔か」は実際に訪日してこそ分かるというものだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本では観光客が利用する観光バスも非常に清潔で、タイヤやホイールまでピカピカであることを紹介し、「中国人にとっては到底信じられないほど」であると伝えている。

 記事は、日本では観光バスの運転手が仕事の一環として車の清掃を行い、清掃の際にはタイヤやホイールまで綺麗に洗うと紹介。タイヤやホイールが汚れていても本来は「観光客を乗せて走る」という業務の本質に影響はないはずで、しかも運転手にとってはバスは自分の所有物ではないはずなのに、そこまですることに「中国人としては驚きを禁じ得ない」ことを強調した。

 続けて、日本では中国と違って「街中ではボロボロの車が走っていることはない」とし、これは日本経済が発達していることのほかに、運転手がこうして車を大事にしているからではないかと主張した。

 記事には中国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられており、清潔さを大切にする日本人の精神を称賛する声のほか、「こうした細かい点から日本社会の秩序と発展ぶりが見て取れる」、「自分だって車を清掃したいと思っているが、中国は埃っぽくていくら掃除してもすぐ汚れる。だから誰も掃除しなくなる」といった声が寄せられていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
中国人を魅了する「日本旅行」、「理屈」で説明しないと気持ちの整理がつかない=中国
日本のガイドは中国人客の増加に「嬉しい悲鳴」どころか「頭を痛めていた」
世界でもっとも「日本好き」の国、中国人からすれば「おかしな国」=中国
日本人は鬼なのか? 日本はなぜ短期間で先進国に? だから中国人は訪日する
日本人はなぜ「古墳」の調査に消極的? もしやあの伝説が・・・

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。