八甲田山の樹氷にスプレーで落書き、中国語で「誕生日おめでとう」=中国ネットで非難殺到

2018年1月16日 16時50分

16日、青森県の八甲田山の樹氷にスプレーで「誕生日おめでとう」という内容の落書きがされていたとするニュースが中国でも報じられ、ネット上では非難の声が多数寄せられている。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2018年1月16日、青森県の八甲田山の樹氷にスプレーで「誕生日おめでとう」という内容の落書きがされていたとするニュースが中国でも報じられ、ネット上では非難の声が多数寄せられている。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)には、この話題を伝える日本のニュース動画が転載されている。それによると、14日、山頂公園駅近くの樹氷に、英語や中国語で「誕生日おめでとう」などと落書きがされていると利用客から連絡があった。現場を目撃した人によると、男女2人が落書きをバックに記念撮影をしていたという。

落書きをしていた人の国籍などは特定されていないというが、この動画を見たネットユーザーからは「(中国本土で使用されている漢字の)簡体字で書かれているじゃないか」「言葉を失う」「海外まで行って恥をさらすな」「中国に帰ってくるな」「誕生日でテンションが上っていたとしても、自然を破壊していい理由にはならない」など、非難する声が多く寄せられている。

また、「こういう事件が多いから、海外に行った時『中国から来ました』と名乗るのをためらってしまう」と嘆く人もいた。

他に、中国の観光地では自分の名前とともに「到此一遊(ここまで旅行に来た)」と落書きすることが定番化していることに関連し、「『誕生日おめでとう』の落書きがはやり出すかもしれないな」と心配する声もあった。(翻訳・編集/柳川)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。