日本をまねした韓国高速鉄道の“特別”サービス、韓国人には不評?=「不快」「日本のようにされると韓国人としては…」

2018年1月17日 12時40分

16日、韓国メディアは、日本の鉄道を見習った韓国高速鉄道のある「サービス」が物議を醸していると報じた。人々から賛否両方の声が上がっているという。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2018年1月16日、韓国・京郷新聞は、日本の鉄道を見習った韓国高速鉄道のある「サービス」が物議を醸していると報じた。人々から賛否両方の声が上がっているという。

記事によると、16年12月に韓国鉄道公社(KORAIL)が独占していた鉄道市場に参入した韓国高速鉄道(SRT)は、競争力の確保に向け当初から「他とは異なるサービス」を強調してきた。運営会社であるSRが公募を実施した際にも、ある会社が「日本の鉄道のようにきれいで整然とした清掃サービス」を提案。結局これが採択・入札に至ったという。

実際、この会社は「車両管理員」と呼ばれる清掃員らが清潔なユニホームを着用し、専門の清掃用具で列車の到着からわずか15分で清掃を完了させる「15分サービス」を打ち出した。また、列車到着時には清掃員らが一列に並んで一斉にあいさつをすることも契約書の「業務内容」に盛り込んだとのこと。これらの「高級」とも思えるサービスに対し、SRは会社側に通常より高額な料金を支払ったとされる。

しかし最近、SNSに実際のあいさつの様子を捉えた写真と共にこれを批判する文章が掲載された。投稿主は列車が止まるまで丁寧にお辞儀する清掃員らの姿に「なぜ鉄の塊に向かってあいさつをするのか。これは礼儀でも親切でも謙遜でもない」と伝えており、ネットで多くの共感を得ている。「経営者らがあいさつをすべき」「清掃員は奴隷ではない」など怒りの声が続出し、中には会社のホームページに抗議文を掲載する人もいたという。

SRもこの問題を認知しているそうで、関係者は「列車に向かってあいさつをするのではなく、利用客を歓迎する意味で行っている」と釈明している。過去にも同様の抗議から1~2カ月ほど清掃員らのあいさつを中止したことがあったという。しかし「なぜあいさつをしないのか」と苦情が多く寄せられたため、あいさつを再開したというのだ。

今回の騒動を受け、SRは「原点に戻って問題を再検討する」という立場を示している。関係者によると「清掃員らのあいさつを一方的に中止することは、厳密に言うと『契約違反』に当たる」そうで、「多くの人が意見をくださっているので、あらゆる案を対象に当該問題を再検討している」と明らかにしている。

韓国のネットユーザーからは「あいさつのために会社にお金を支払ったの?清掃員のあいさつがサービス?それなら仕事をしない高給取りのお偉いさんが出てきてあいさつしたらいい」「あいさつはどうかと思う。手を振ったり上げたりするくらいがちょうどいい」「きれいに掃除してくれるだけで十分。あいさつされる方としても不快」などの声が寄せられ、やはり「あいさつサービス」に対し批判的な意見が根強い。

その矛先は「あいさつ賛成派」にも向けられている。「そんなにあいさつされたい?」「『なぜあいさつしない』と苦情を寄せた人たちの顔が見てみたい」とかなり憤慨している様子だ。

中には、日本のサービスに関連して「日本のようにぺこぺこ頭を下げられると、韓国人としては居心地が悪い。頭は肩の上の飾りものではなく、考えるためにある」との指摘も寄せられた。(翻訳・編集/松村)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。