日本の道路の側溝にはコイやフナが泳いでる! 中国じゃ絶対あり得ない!=中国メディア

2018年1月23日 09時12分

「日本では道路の小さな側溝に水が流れ魚が泳いでいるが、もしこれが中国だったら、とっくに魚は何らかの料理に変わっていることだろう」。中国メディアは、日本と中国の差を報じた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)

 中国メディア・東方網は20日、日本を訪れた中国人観光客が、道路の側溝でコイやフナが泳いでいることについて驚きを覚えたとする記事を掲載した。

 記事は、「ある中国人観光客が日本に行って、道路の小さな側溝に水が流れ魚が泳いでいるのを撮影してきたが、これには感嘆せざるを得ない。もしこれが中国だったら、とっくに魚は何らかの料理に変わっていることだろう」とした。

 そして、「わが国では今、清く澄んだ水が流れるのは水道管くらいで、川や湖の大部分は赤や黄色、白、黒といった様々な色の水に変わってしまっている。中国の街づくりは、日本のレベルには到達していない。日本では美しい街並みを保とうという意識が強いが、中国の都市開発は為政者のメンツを保つためのものだからだ」と説明している。

 また、農村を含めた日本の街が美しい背景には「ゴミの処理や回収、汚水処理が隅々にまで行き届いており、通常の税収で賄えている」ことがベースにあると指摘。また、汚水処理については下水道が発達しており、家庭で出される糞便を含めた汚水が周囲の汚染を発生させることなく処理することが可能であるとした。

 そして、「わが国はここ数年で急発展してきたが、なおも他国との間に一定の差があるのは確かだ。現時点できれいか汚いかを論じるのは尚早。革命は未だ成功していない。われわれも側溝で魚を飼育できるような清潔さを求めて引き続き努力していかなければならない」と伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
これだけ急発展しているのに、それでも中国が日本を抜くのに60年かかると言われる大きな理由=中国メディア 
安全が考慮された日本のベランダを見て、わが国のベランダは何も考えられていないと思った=中国ネット
日本の空港で驚かされるのは、レストランの値段が市街地と同じことだ=中国メディア
負けて審判のせいにばかりする中国サッカーU−23代表に、人民日報がついにキレた!
日本の神社を訪れた中国人「どうして中に神様がいなくて鏡しかないの?」=中国メディア

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。