「ありがとう日本!」=台湾のコメンテーターが写真投稿、そこに写っていたのは…―台湾メディア

2018年2月13日 22時37分 (2018年2月16日 00時00分 更新)

12日、台湾・蘋果日報によると、台湾の著名コメンテーターの王瑞徳氏が自身のフェイスブック上で日本に感謝の言葉を投稿した。写真は地震後の現地の様子。(Record China)

[拡大写真]

2018年2月12日、台湾・蘋果日報によると、台湾の著名コメンテーターの王瑞徳(ワン・ルイダー)氏が自身のフェイスブック上で日本に感謝の言葉を投稿した。

【その他の写真】

最新の世論調査で、台湾東部で発生した地震について「台湾に最も思いを寄せてくれた国」に日本(75.8%)が選ばれた。王氏はこのことに触れた上で、「11万人を超える日本人が1億5000万円を寄付してくれた。寄付はまだ増え続けている。私たちが彼らを助け、彼らがまた私たちを助けてくれた。ありがとう日本!これこそが家族」とつづった。

一緒に投稿された写真には、日本のコンビニエンスストアの入り口に貼られた台湾東部地震への募金を呼びかける貼り紙と、その横で「台湾 ありがとう 謝謝 Thanks 日本」と書かれた紙を掲げる王氏が写っている。王氏は「今日から『台湾謝謝日本』のポスターを持って日本各地に現れます!ありがとう、本当に義理堅い親友よ!」としている。(翻訳・編集/北田)