中国ブランドの世界バリュー上昇、トップ100ブランドに22―中国メディア

2018年2月14日 06時50分

「2018年世界ブランド500」をみると、中国ブランド数が年々増加し、過去10年間でブランドバリューが9倍近く上昇し、世界ブランド500に占めるバリューは3%から15%に増加したことがわかる。写真はアリババの独身の日セールイベント。(Record China)

[拡大写真]

英国の有名コンサルタント会社グランドファイナンスがこのほど発表した報告書「2018年世界ブランド500」をみると、中国ブランド数が年々増加し、過去10年間でブランドバリューが9倍近く上昇し、世界ブランド500に占めるバリューは3%から15%に増加したことがわかる。中国ブランドの世界ランキングが上昇を続けており、メイド・イン・チャイナのモデル転換とバージョンアップの成果がはっきりと見て取れる。北京日報が伝えた。

同報告書によると、18年には世界ブランド100に中国ブランド22が入り、17年より6ブランド増えたという。

今回100入りしたブランドは次の通り。中国工商銀行、中国建設銀行、阿里巴巴(アリババ)、中国移動(チャイナモバイル)、中国銀行、国家電網、騰訊(テンセント)、華為(ファーウェイ)、中国農業銀行、平安、中国石油、中国建設、中国電信、中国石化、微信(WeChat)、茅台(マオタイ)、百度(バイドゥ)、京東、招商銀行、恒大集団、浦発銀行、五糧液。

このブランドランキングは、主にブランドの実力、革新(イノベーション)能力、今後の売上予想などに基づいて総合的に判断される。

国家製造強国建設戦略諮詢委員会の徐佳賓(シュー・ジアビン)委員は、「世界の有名ブランドになれたものは、その背後に必ず高い品質、高い技術、高いサービス、そして高いコストパフォーマンスを備えている」と話す。

同報告書によると、「急成長を遂げた中国ブランドは科学技術分野のブランドだけではない」、「中国が世界に製造業の中心になるのに伴って、中国ブランドは驚異的なスピードで米国ブランドのバリューとの開きを持続的に縮小させている。ここから中国企業がブランド構築の取り組みをますます重視するようになり、ブランドがますますグローバル化していることがわかる」という。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。