これが平昌五輪の効果?訪韓中国人数が回復―中国メディア

2018年2月14日 08時50分 (2018年2月16日 00時00分 更新)

12日、韓国・聯合ニュースによると、訪韓中国人数が回復してきたという。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2018年2月12日、韓国・聯合ニュースによると、訪韓中国人数が回復してきたという。

中駐韓国大使館が12日に公表したところによると、平昌五輪が開幕して最初の週末に、中国人旅行客による韓国の団体旅行ビザ申請数が、1日平均で30件以上、計430人となり、今年度最高数となった。この数字は、1月の1日平均ビザ申請数(10件、約100人)の3倍以上にあたるという。先月22日以降、20万ウォン(約2万円)以上の平昌五輪のチケットを購入してビザ免除申請した中国人旅行客は1万6800人を超えたとのこと。

平昌冬季五輪チケットの中国における唯一の代理販売店である凱撒旅遊グループによると、冬季五輪関連の旅行商品はすべて売り切れで、五輪効果で訪韓中国人が増加しているという。

駐中国韓国大使館は、平昌五輪前に訪韓旅行ビザを申請する中国人が増加しており、先週末に本年度最高に達したと紹介。先週、冬季五輪チケットを購入してビザ免除を申請した中国人旅行者は新たに1万人増加し、すでに9193人が韓国に入国したと紹介した。

中国の旅行業界関係者は、「平昌五輪のおかげで訪韓旅行のニーズが回復してきており、五輪終了後もこのまま持続することに期待したい」と語っているという。(翻訳・編集/山中)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。