羽生結弦は秀才だった!6カ国語で「ありがとう」と感謝=中国ネット「中国語に超萌えた」「実力も人格もトップレベル」

2018年2月14日 11時50分

13日、フィギュアスケート男子の羽生結弦は、同日の公開練習後の記者会見の終わり際に、6カ国語で「ありがとう」と感謝を示した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2018年2月13日、フィギュアスケート男子の羽生結弦は、同日の公開練習後の記者会見の終わり際に、6カ国語で「ありがとう」と感謝を示した。

13日、羽生は江陵アイスアリーナでの最初の公開練習後に記者会見を行った。記事は、「この記者会見はメディアが長らく待ち望んでいたもので、本人の口からけがの回復状況について聞くことができた」と紹介した。

そして、注目しているのは会見の終わり際。羽生は、日本語、韓国語、英語、中国語、フランス語、ロシア語の6カ国語で「ありがとう」と感謝の言葉を述べた。記事は「早稲田大学の学生として、『秀才のアイドル』の一面を見せた」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「中国語で『感謝』といったところで超萌(も)えた」「会見の後にちゃんと椅子を元に戻しているところが偉いなあ」「彼は気を配りすぎ」「通訳にも頭を下げて感謝している。さすがは実力も人格もトップレベルの選手だ」「ゆづは一番礼儀正しい!」など、称賛する声が多数寄せられている。(翻訳・編集/山中)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。