より遠く、より美しく・・・中国メディアが語る日本のレジェンドジャンパー・葛西紀明

2018年2月14日 05時12分

「より遠く、より美しく飛ぶ」ことにより五輪で金メダルを取ることを目標に8回目の五輪に出場している葛西紀明選手は、中国でも注目を集めている。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)

 中国メディア・新華社は11日、自身8回目の五輪出場となる平昌五輪に挑んでいるスキージャンプ界の「レジェンド」、葛西紀明選手について紹介する記事を掲載した。

 記事はまず「平昌五輪スキージャンプ男子個人ノーマルヒルの決勝が10日深夜に行われた。欧米の強豪選手がひしめく中、最も注目を集めたのは1人の日本人選手だった。1回目のジャンプですでにメダル獲得は難しくなったが、それでも会場の放送は彼のことを『レジェンド』と紹介した。ある米国人選手は試合後に興奮しながら『彼は史上最高の選手だ。彼は本当の男だ。彼と同じ場所で競技できて、これ以上ないほどうれしい』と日本のメディアに語っていた。この日本人選手の名は、葛西紀明。今年45歳の彼にとって、平昌は8回目の冬季五輪の舞台だ。結局21位に終わったが、彼が空を飛ぶ瞬間は間違いなく現場に最も多くの感動を与えたシーンだった」と伝えた。

 そして、葛西の生い立ちからこれまでのキャリアについて言及。19歳の時に1992年のアルベールビル五輪で五輪デビューを飾るも、98年の長野五輪では試合前の故障により団体の金メダルを傍観者として見届けたこと、その時の悔しさが今も頭から離れず、今もなお「より遠く、より美しく飛ぶ」ことにより五輪で金メダルを取ることへのモチベーションになっていることを紹介した。

 また、これまでにワールドカップで17勝、世界選手権で7度の表彰台を経験し、14年のソチ五輪ではラージヒル団体で銀メダル、ラージヒル個人で銅メダルを獲得し、冬季五輪のスキージャンプ種目における最年長メダリストとしてギネス記録に掲載されたとしている。

 さらに、40代半ばという選手としては高齢にも関わらず、所属チームのフィジカルトレーナーが「若い選手よりも爆発力やスピードに勝っている」と語ったこと、その秘訣が毎日の長距離ジョギングにあること、今もなお新しい技術に対する飽くなき研究心を持っていることなどを伝えた。

 記事は「16日に男子ラージヒル個人、19日にはラージヒル男子団体で再び金メダルを目指して登場する。今大会が葛西の引退試合になるか? 今のところそれはないだろう。昨年11月、2022年の北京冬季五輪に出場する意欲があるかとの質問に『ある!』と答えているのだから」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
韓国はもはや日本を超えている! 韓国ネット民の主張に対し、中国人の反応は?
爆発的な発展遂げる深センに住む中国人が、初めて行った東京で「これは羨ましい!」と感じたこと
立ち遅れた中国の自動車企業を大いに助けてくれたのは、米国でもドイツでもなく、この日本企業だった!
礼儀正しい日本人を培い続けてきたモラル教育 中国はモラル向上にあと半世紀かかるかも・・・=中国メディア
本来憎悪されるはずのニセモノ商品、日本人が作ったニセモノは世界から賞賛される!=中国メディア 

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。