羽生結弦は人格も王者!投げ込まれたプーさんのぬいぐるみは地元へ寄付―中国メディア

2018年2月17日 16時40分

16日、新浪が、羽生結弦選手の演技後に投げ込まれクマのプーさんのぬいぐるみのその後について伝える記事を掲載した。(Record China)

[拡大写真]

2018年2月16日、新浪が、羽生結弦選手の演技後に投げ込まれクマのプーさんのぬいぐるみのその後について伝える記事を掲載した。

16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラムで、羽生結弦選手の演技後に、「クマのプーさんが雨のように降って」きたと紹介。およそ100体がリンクに投げ込まれたとみられるという。

こうしたプーさんのぬいぐるみについて、羽生結弦選手は試合後のインタビューで「プーさんのぬいぐるみすべてを韓国平昌と江陵の地元の方にプレゼントとして差し上げたいと思っている。この考えや方法はおかしいと思う人もいるかもしれないが、このような形で自分に力と善意を与えてくれた人たちに感謝の気持ちを表したい」と語ったと記事は紹介した。

記事によれば、「羽生選手は試合の時にいつもプーさんのティッシュカバーを携帯しており、大のプーさん好きであることはよく知られている」が、今回のオリンピックでは、「IOCの商標権の規定で別のティッシュカバーに変更していた」という。

毎回、演技が終了するとファンたちがさまざまなプーさんのぬいぐるみをリンクへ投げ込むのが「恒例」となっており、「今回のオリンピックでも白いリンクがあっという間に黄色に染まった」と記事は伝えた。

記事はまた、羽生選手の「善良な心」はこれだけにとどまらず、ロシアの試合に参加した時には、プーさんのぬいぐるみをロシアの孤児院に寄付していたことも紹介した。(翻訳・編集/山中)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。