羽生結弦の金メダルに日本のファン熱狂「宇宙人のよう」―中国メディア

2018年2月18日 00時59分

17日、新浪体育によると、平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子シングルで2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦について、日本のファンらは「偉大な選手。宇宙人のようだ」と絶賛している。写真は羽生の演技。(Record China)

[拡大写真]

2018年2月17日、新浪体育は、平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子シングルで2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦について、日本のファンが「偉大な選手。宇宙人のようだ」と絶賛していると伝えた。

【その他の写真】

ショートプログラム(SP)首位の羽生はフリーで206.17点を出し、合計317.85点で男子で66年ぶりの五輪連覇を達成した。昨年11月の右足首の負傷から復帰した今大会での金メダルに、羽生のファンらは熱狂した。

記事は、フリーの演技で羽生は自らの「金メダルを取る」、「五輪を知っている」発言を証明してみせたとし、日本のファンからネットに寄せられたコメントを紹介。「4年後の北京五輪を待っている。最高に偉大なスケート選手だ」「宇宙人みたいに無敵のレベル。北京でも期待」「美しすぎる。すごすぎる」「彼は自分よりずっと若いけれど、一言言わずにいられない。尊敬している」「小さなミスをした時には、緊張で震えが来た。フェルナンデスが完璧な演技だったら……金が取れてよかった」などの声が上がったとしている。(翻訳・編集/大宮)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。