小平奈緒に敗れた韓国の李相花、試合当日に睡眠を妨害されていた?韓国で波紋広がる

2018年2月20日 21時20分 (2018年2月23日 00時00分 更新)

20日、韓国で「大韓氷上競技連盟の幹部関係者が平昌五輪の競技当日の朝に選手たちの部屋を訪れ、競技の準備を妨害した」と主張する声が上がり、物議を醸している。写真は平昌五輪の選手村。(Record China)

[拡大写真]

2018年2月20日、韓国で「大韓氷上(スケート)競技連盟の幹部関係者が平昌五輪の競技当日の朝に選手たちの部屋を訪れ、競技の準備を妨害した」と主張する声が上がり、物議を醸している。

【その他の写真】

韓国選手団などによると、選手村に出入りできるADカードを所持したある大韓氷上競技連盟の幹部関係者が、18日午前9時ごろに選手村を訪問した。同関係者は同日午後にスピードスケート女子500メートルに出場する李相花(イ・サンファ)選手たちが泊まる部屋を訪れ、選手たちと話をした後に部屋を出たという。

この事実は同日放送されたテレビ番組で明らかになったのだが、これに対し一部からは「競技に臨む選手たちの準備の妨げになったのではないか」と指摘する声が上がった。また、同番組に出演したあるスポーツ評論家が「(幹部関係者は選手たちに)太陽が中天にかかっているというのにまだ寝ているのかと言った」と明かし、波紋はさらに広がったという。夕方からの競技に向け、コンディションを整えるため遅くまで寝ていた選手たちを無理に起こし、体のリズムを狂わせた可能性があるというのだ。

しかし、李選手は19日午後に行われた記者会見で「その時間はすでに起きていた」とし、「そのためにコンディションが崩れたということはない」と否定。同連盟関係者も「ADカードを所持した幹部は選手たちを支援する役割を担っている」とし、「わざわざ選手を起こすなんてことはあり得ない」と反論したという。

この報道を見た韓国のネットユーザーからは「なぜ行った?訪問は競技後にするべき」「行くとの連絡を受けたから起きていたのだろう」「まだ寝ている選手もいたはず。よく考えて行動すべきだった」「選手によってコンディションの整え方は違う。たくさん睡眠をとりたい選手もいるのに」など、問題の幹部関係者への批判的な声が多く寄せられている。また「起きていたなら休ませないと」「起きていたかどうかは関係ない。競技前に幹部関係者に会って緊張がほぐれる選手なんていない」と指摘する声も。

一方で「正確な情報なの?むやみに報じて論争を巻き起こしてはいけない」「李選手が負けた責任を押し付けようとしているの?」「李選手が違うと言っているのだから、もう終わりにしよう」などと主張する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。