2

1月の訪日客、9%増の250万人=韓国が断トツ3割増、春節“ずれ込み“で中華圏伸び悩む ―日本政府観光局

2018年2月21日 17時25分

日本政府観光局(JNTO)が21日発表した今年1月の訪日客数は前年同月比9.0%増の250万1500人となった。17年1月の229万5500人を20万人以上上回り、1月として過去最高。航空路線の新規就航や増便、クルーズ需要の増加などに加えて訪日旅行プロモーションが寄与した。一方で、昨年は1月末だった旧正月(春節)休暇が今年は2月にずれ込んだため、中国、台湾、香港など中華圏の国・地域では、訪日者が伸び悩んだ。

国・地域別のトップは韓国で、80万3800人(前年同月比28.5%増)と単月として過去最高を記録した。以下中国63万2300人(同0.3%増)、台湾35万500人(同0.1%減)、香港16 万500人(同13.5%減)の順。

2月は、旧正月がずれ込んだことから、中華圏からの訪日客の増加が見込まれる。(by Yamaki)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「1月の訪日客、9%増の250万人=韓国が断トツ3割増、春節“ずれ込み“で中華圏伸び悩む ―日本政府観光局」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    日本憎しの報道が有るにも関わらず、隣国の行動は理解出来ない。そして、金さえ払えばお客様な日本側にもうんざりしている。

    0
  • 匿名さん 通報

    必死になって来なくていいよー。平壌オリンピック・パラリンピックに行ってあげて下さい。だけど、朝鮮半島でスポーツ大会を行うと、???がつきまといます。スッキリしないんだよネwww

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!