日本の文学作品におけるイヌとネコの扱いの違い―中国メディア

2018年2月24日 19時10分

18日、中国メディアの澎湃新聞が、日本の文学作品におけるイヌとネコの扱いの違いについて分析する記事を掲載した。(Record China)

[拡大写真]

2018年2月18日、中国メディアの澎湃新聞が、日本の文学作品におけるイヌとネコの扱いの違いについて分析する記事を掲載した。

記事は、今から約1400年前に中国からやってきたネコが、「唐猫」として貴族の間でペットとして飼うのが流行し高い地位になったと紹介。一方、イヌは早くから日本の生活に溶け込んでいるものの、特に文学作品においてイヌの扱いはネコほどではないと論じた。

例えば、「日本国現報善悪霊異記」の中では、亡霊がイヌの姿で家に戻り玄関でほえたところ、家の人から追い払われてしまうが、次の年にネコの姿で行ってみたら家の人からもてなされたという記述がある、と指摘した。

「枕草子」でも、イヌとネコに関する記述があるが、ネコは「命婦のおとど」と命名され五位の爵位を授かったのに対し、イヌは「翁丸」という名の凡犬で、「命婦のおとどをかみ付くように」言われて実際そうしようとしたところ、ネコは天皇の懐に逃げ込み、天皇はこのイヌを「打ち懲らして追放するように」と言ったという記述があると紹介した。

また、俳句の中でもイヌとネコの扱いが異なると分析。与謝蕪村の「またうどな犬ふみつけて猫の恋」での重点はネコに置かれていて、ネコと春が結びついていると指摘。一方、小林一茶の「江戸衆や庵の犬にも御年玉」、「犬どもがよけてくれけり雪の道」や、与謝蕪村の「戸に犬の寝がへる音や冬籠」、松尾芭蕉の「草枕犬も時雨るるか夜の声」などの句を見ると、イヌは冬と結び付けられていると論じた。

しかし、「南総里見八犬伝」のように、イヌが重要な役割を果たしている話もあると紹介。中でも、犬飼現八と犬村大角が化け猫を倒す場面は、「日本の文学史上、数少ないイヌがネコに勝つ場面だ」と伝えた。

そして、「八犬伝」は非常に人気が高かったため、これを基にした歌舞伎や芝居が多く作られ、浮世絵にも登場したと説明。しかし、「浮世絵の動物界における『統治者』はやはりネコで、歌川国芳が描いた2321匹のネコにはかなわない」としている。(翻訳・編集/山中)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。