奈良公園の鹿はなぜ「中国人にばかり噛み付くのか」=中国メディア

2018年2月24日 16時12分 (2018年2月27日 00時00分 更新)

奈良公園の鹿(ニホンジカ)噛まれる人の多くは中国人だという。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)

 奈良公園には多くの鹿(ニホンジカ)が生息している。これらの鹿は春日大社の神使とされており、奈良公園側によれば、公園内および公園付近にいる鹿は野生動物であり、飼育されているわけではない。

 奈良公園は関西の観光地の1つであり、中国人旅行客も数多く訪れているが、鹿に噛まれるといった被害を受ける外国人のうち、大半が中国人なのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど、なぜ奈良公園の鹿は中国人ばかり噛み付くのかと疑問を投げかけ、そこには明確な理由があるはずだと伝えている。

 奈良公園には修学旅行生から一般の観光客まで、日本人も数多く訪れるほか、中国人以外の外国人旅行客だってもちろん多く訪れるわけだが、なぜ中国人ばかりが鹿に噛まれるのだろうか。記事は、「日本国内では奈良公園の鹿に噛まれる被害がたびたび報じられている」と伝えたうえで、その被害者の大半が中国人だと紹介した。

 続けて、中国人に限ったことではないが、鹿に噛まれる人の多くは鹿と写真を撮りたいがために、鹿をエサで誘導しつつも、なかなかエサをあげようとせず、それに鹿がイライラしてしまい、最終的に噛み付くという見方があることを紹介した。確かに奈良公園の公式サイトには「エサはすぐに与えてください。焦らすと怒ります」と書かれている。

 旅行で日本を訪れている以上、日本ならではの写真を撮りたいという気持ちは良くわかるが、良い写真を撮りたいがために鹿を焦らし、最終的に噛まれてしまっては元も子もないだろう。記事は「中国人旅行客は海外では自らを厳しく律し、自分の身を自分で守ると同時に中国の名声に傷がつかないよう慎重に行動すべきだ」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
これが新幹線をベースとした台湾高速鉄道、中国高速鉄道との違いは?=中国メディア
日本人は「なぜ中国人は日本だけを恨むのか」と疑問に思うらしい、その答えを教えよう=中国メディア
中国のカーリング選手が「かわいい」と日本で話題に、中国ネット「わかってるじゃないか」
日本人が中国人フィギュア選手を評価してるぞ! 中国ネット「だから日本人は好感が持てる」=中国
軽自動車は精密で可愛らしい「小動物」みたい! しかも日本では「メンツは潰れない」=中国

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。