そうだったのか! 訪日した中国人が「日本は毎年でも行きたい」と願う理由=中国

2018年2月24日 22時12分

訪日旅行を経験した中国人が、「日本には毎年でも行きたい」と思ってしまう大きな理由は? (イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)

 中国人の間ですっかりメジャーな旅行先となった日本。最近では、何度も日本を訪れるリピーターも増えており、満足度の高さを感じさせる。訪日中国人は旅行から帰った時、日本のどのようなことが印象に残っているのだろうか。中国メディアの百度百家は19日、「日本を旅行した中国人たちにとって最も印象に残っていること」に関する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者によれば、「身近な人たちの多くが、日本は毎年でも行きたい」と感想を漏らしているそうで、「こんな小さな国のどこに魅力があるのか」と不思議に思っていたそうだが、その大きな要因に「ほほえみ」があるという答えに行きついたとしている。

 中国では買い物などの際に店員のほほえみを見かけることは多くない。たとえ店を訪れた客であっても店員の「知らない人を見る目」は厳しい場合が多いと言える。しかし記事は、「日本では微笑みがどこでも見られる」と指摘。ショッピングやレストラン、さらには道を尋ねるときでも、出会う日本人はみんな微笑んでいると伝えた。それは「春風のような」さわやかなほほえみで、うっかりすると必要ないものまで買ってしまうほどだとその魅力を伝えた。

 お店でのほほえみは、ビジネススマイルに過ぎないという指摘があるのも事実だ。記事は、ビジネススマイルゆえに日本人の心は「抑圧」されていて、それゆえ恐れや苦痛、緊張を感じた時でも「ほほえむ」ことで真の感情を隠す傾向があると指摘。とはいえ、サービス業における「ほほえみ」が内心からのものではないとしても、そのサービスの質の高さは間違いないものであり、「日本人は尊敬されるべき」と述べている。中国の店ではどれだけお金を落とすかではっきりとした対応の違いを見せつけられるが、日本ではどの客に対しても「大金持ちと同じ」サービスを提供するため、やはり悪い気はしないのだろう。

 中国ではなかなか体験できない「ほほえみ」の魅力。ほほえみの国と言えばタイというイメージだが、中国人からすれば日本もそうだったようだ。ちなみに、この中国人筆者は個人的には「大阪が好き」だという。大阪人は「情に厚い」ため、中国人としては親近感があるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
これが日本人の配慮? 赤ちゃん連れの日本人夫婦が見せた行動に「衝撃」=台湾メディア
これが新幹線をベースとした台湾高速鉄道、中国高速鉄道との違いは?=中国メディア
軽自動車は精密で可愛らしい「小動物」みたい! しかも日本では「メンツは潰れない」=中国
なぜだ! 日本の侵略を受けた東南アジア諸国が日本を恨まない理由=中国メディア
日本は空母を保有する気か・・・「わが国の空母に挑戦する気か?」=中国

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。