韓国人女性の国際結婚の相手、最多はあの国―韓国メディア

2018年3月8日 21時50分

7日、参考消息網は、韓国人女性の国際結婚の相手の国籍を分析する韓国メディアの報道を伝えた。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2018年3月7日、参考消息網は、韓国人女性の国際結婚の相手として最も多いのが中国人だとする韓国メディアの報道を伝えた。

韓国女性家族部が5日に発表したデータによると、2016年に国際結婚をした韓国人女性の相手で最も多かったのは中国人の1463人で、以下、米国の1377人、ベトナムの565人と続いた。15年の統計では米国が1612人でトップ、中国人が1434人で2位、日本人が808人で3位だったという。

韓国メディア・亜洲経済は6日、この結果について「中国の経済発展、中国人男性の潤沢な経済力が、韓国人女性の国際結婚相手として中国人が増えている主な原因」と分析している。

実際に上海の中国人ビジネスマンと16年に結婚した韓国人女性は、「結婚した理由は、見た目がかっこよくて若いし、性格も温厚だから。文化などの面で違いはあるが、乗り越えようとがんばっている」と語ったという。

なお、国際結婚をする韓国人男性の相手として最も多いのは、ベトナム人女性とのことである。(翻訳・編集/川尻)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。