日本マクドナルドが発表した「夜マック」、中国ネットでも話題に!=「完全にうらやましい」「中国ではいつやるの?」

2018年3月13日 17時40分 (2018年3月16日 00時00分 更新)

12日、日本マクドナルドが今月19日から全国の店舗で始める「夜マック」に、中国のネットユーザーも興味を示している。写真はマクドナルド。(Record China)

[拡大写真]

2018年3月12日、日本マクドナルドが今月19日から全国の店舗で始める「夜マック」に、中国のネットユーザーも興味を示している。

「夜マック」は午後5時以降、100円を追加することでバーガーのパティの量が2倍になるというもの。17年6月から愛知、三重、岐阜の3県で試験的に実施されていたが、好評のため全国の店舗に拡大するという。「ビッグマック」など、すでにパティが2枚入っているバーガーでは計4枚となる。マクドナルド好きにはたまらないキャンペーンだ。

この情報はさっそく、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を介して中国でも伝えられ、ネットユーザーからは「よだれが出てきた…」「これ、マジでたまらない」「俺が一番好きなダブルチーズバーガーが4段に!」「試してみたい!」「エビフィレオが2倍にできるなんて最高」など、興味津々といったコメントが寄せられている。

また、「残念ながら日本での話」「完全にうらやましい」「中国ではいつやるの?」といったコメントも目立つ。他には、「数年前、北京のマクドナルドでもチキンバーガーの2倍キャンペーンやってたな」「賞味期限間近の在庫を消費する良い方法だね」といったコメントも見られた。(翻訳・編集/北田)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。