電撃解任の米国務長官、「アフリカで中国批判」が最後の仕事に―米華字メディア

2018年3月14日 09時50分

13日、米華字メディアの多維新聞は、米国務長官を電撃的に解任されたティラーソン氏について、「アフリカで中国を痛烈に批判したことが、最後の外交活動になった」と伝えている。写真は17年2月、G20ボン外相会合で中国の王毅外相と会談したティラーソン氏。(Record China)

[拡大写真]

2018年3月13日、米華字メディアの多維新聞は、米国務長官を電撃的に解任されたティラーソン氏について、「アフリカで中国を痛烈に批判したことが、最後の外交活動になった」と伝えている。

記事は、トランプ大統領が13日、ティラーソン氏を更迭し、後任にポンペオ中央情報局(CIA)長官を充てる人事を発表したことを伝えた上で、「北朝鮮との交渉を前に、トランプ大統領が安全保障チームを大刷新する動きだ」とする見方があることを紹介した。

その上で記事は、アフリカを歴訪していたティラーソン氏が、アフリカ各国政府に対し「中国の資金を受け入れれば主権を失う恐れがある」と警告するなど、中国を痛烈に批判する発言を行っていたと伝えた。

記事によると、ティラーソン氏はチャド、ジブチ、エチオピア、ケニア、ナイジェリアの5カ国を6~13日の日程で訪問する予定だったが、12日に予定を切り上げ、帰国した。(翻訳・編集/柳川)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。