米朝首脳会談はウランバートルで?モンゴル紙が可能性指摘―中国メディア

2018年3月14日 14時20分 (2018年3月17日 00時00分 更新)

14日、米朝首脳会談の開催地について、環球網はモンゴル主要メディアが同国の首都ウランバートルが選ばれる可能性が高いと指摘したことを伝えた。写真はウランバートル。(Record China)

[拡大写真]

2018年3月14日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による首脳会談の開催地について、環球網はモンゴル主要メディアが同国の首都ウランバートルが選ばれる可能性が高いと指摘したことを伝えた。

記事によると、モンゴルメディアは同国が外交で中立政策を取っていること、米朝のいずれとも良好な関係であることなど八つの理由を挙げている。また、エルベグドルジ前大統領は9日、ツイッターを通してウランバートルでの会談実施を提案した。

記事はモンゴルと北朝鮮が伝統的な友好関係にあることを説明するとともに、モンゴルと米国との関係についても「かなり融和」だと紹介。バトトルガ大統領が昨年12月にトランプ大統領に宛てて書いた書簡には「モンゴルの民主化の過程において米国は信頼できる『第三の隣国』」とつづられ、トランプ大統領は「『第三の隣国』となったことを光栄に感じる」と応じるとともに、バトトルガ大統領の訪米を呼び掛けたそうだ。(翻訳・編集/野谷)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。