安倍首相が韓国大統領特使と会談、その様子を見て韓国メディアが喜んだ理由とは? =中国メディア

2018年3月14日 11時12分

韓国大統領特使が安倍首相と会談した際に、同じ型のソファーに座ったことについて、韓国メディアが競うように報道した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)

 安倍晋三首相は13日、韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領特使日本を訪れた徐薫(ソ・フン)国家情報院長と会談した。中国メディア・海外網は同日、この会談の様子を見た韓国メディアが大喜びしているとする記事を掲載した。

 記事は、「徐氏が安倍首相と会談した際に、安倍首相と同じ型のソファーに座ったことについて、韓国メディアが競うように報道した」と紹介。その理由について「これまで訪日した多くの韓国高官が安倍首相と会談した際は、安倍首相よりも低いソファーに座らされていた」とする韓国・聯合ニュースの指摘を伝えている。

 そのうえで、昨年5月にやはり文大統領の特使として訪日した文喜相(ムン・ヒサン)氏、同12月に訪日した康京和(カン・ギョンファ)外相が安倍首相と会談した際には「安倍首相が金の花柄が入ったソファーに座ったのに対し、いずれもピンク色の背が低いソファが用意された」と説明。このことについて韓国メディアから「安倍首相が相手を軽く見ている」との批判が出たことを紹介した。

 記事は、「しかし13日の徐氏と安倍首相との会談では、日本側が慣例を破り、双方に同じソファーが用意された。韓国メディアからは『日本側が韓国世論の反発に配慮した』、『安倍首相が南北首脳会談に関するより多くの情報をシェアしたいことから、韓国との関係改善の姿勢を示した』といった憶測が出ている」と伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
1人で旅行にやってきた中国人女性が語る、日本と日本人の印象=中国メディア
日本に対する好感度が100%に近い国がある! それは・・・=中国メディア
日本に出現した「無言の黒子タクシー」に驚き怯える中国人「まるで・・・」
日本人が絶対に忘れられない、中国人も教訓を学ぶべき、3つの大地震=中国メディア
日本の厳しい基準のおかげで品質が高まった! 山東省の日本向け野菜輸出が急増=中国メディア 

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。